もろみ酢でダイエット

もろみ酢には、ダイエットや健康増進に役立つクエン酸・アミノ酸が豊富に含まれています。 クエン酸には、代謝を促進して、しみなどを防ぎ、若々しい肌を保つ効果があるといわれています。 また、クエン酸を摂ることで、エネルギーをつくりだす代謝経路である『クエン酸サイクル』のはたらきが活発になります。

『クエン酸サイクル』とは、体内で食物中の糖質が消化吸収されてエネルギーに変わるときの反応のことです。クエン酸を起点に一巡する代謝経路で、エネル ギーを生むアデノシン3リン酸(ATP)という物質をつくりながら、最終的に炭酸ガスと水になります。このサイクルは、糖質だけでなく、脂質やたんぱく質 の代謝にも関係しているといわれています。

『クエン酸サイクル』がうまく働かないと、疲労物質である乳酸が身体の筋肉などに蓄積してしまい、新陳代謝が阻害され肥満の原因になったり、身体がだるくなったり、肩こりがするなどの疲労感があらわれます。

クエン酸などの有機酸は、『クエン酸サイクル』を活性化して、新陳代謝を上げ、蓄積された血中コレステロールや脂肪を分解し排出するなどダイエットに役立ち、さらに乳酸を分解し、疲れづらい身体づくりに役立ちます。

また、もろみ酢に含まれるアミノ酸は、身体の筋肉や臓器を構成する成分で、神経伝達物質やホルモンなどの材料にもなります。アミノ酸にもダイエットを促進する働き、脂肪燃焼効果などがあります。 人の体内には、リパーゼという脂肪燃焼酵素があり、これは脂肪を分解し血中に放出することで、溜まっている内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる働きを持っています。そのリパーゼの働きを活発にするのが、もろみ酢に含まれるアミノ酸なのです。

ウォーキングなどの有酸素運動を20分続けると、やっと脂肪が燃焼し始めると言われるように、体内の脂肪が燃焼するには少し時間がかかります。そこでヒス チジン、リジン、プロリン、アラニン、アルギニンなど、もろみ酢に豊富に含まれるアミノ酸を摂り入れることで、体内の脂肪分解は促進され、エネルギーに変 化させることができるのです。その結果、体内から脂肪は減少し、燃焼されます。さらに、リバウンドしにくい身体作りにアミノ酸は欠かせません。

加えて、もろみ酢に多く含まれているアミノ酸の一種であるアルギニンは、体内で成長ホルモンの合成に関与し、滋養強壮、免疫力増強、血圧を下げる作用があります。